日本を代表する花|いつまでも綺麗な庭にしたいなら庭の手入れは大事

いつまでも綺麗な庭にしたいなら庭の手入れは大事

  1. ホーム
  2. 日本を代表する花

日本を代表する花

キク

きちんと手をかけて

キクの育て方にはいくつかのコツがあります。キクは、手をかければかけただけきれいに咲くと言われています。そのため、かけるべきところはきちんと手をかけてやることが重要です。キクは日光を好むので、日当たりがよく季節を感じられる場所に植えるのがコツです。水は多すぎると根腐れを起こすので、鉢植えやプランター栽培ならば表面が乾いてからの水やりでかまいません。露地栽培ならばよっぽど乾燥しない限り水やりしないでよいほどです。あげすぎないように注意しましょう。肥料については、たっぷりあげるのがポイントです。キクは肥料食いといわれるほど肥料を必要とする植物なので、切らさないようにたっぷりとあげる必要があります。時期によって必要な肥料は変わるので育て方をよく調べてからあげましょう。

高貴な姿を楽しめる

キクは大玉、中玉、小玉とあり、大玉の方は育て方にも工夫が必要でかなり手がかかります。中玉、小玉のキクは大玉に比べると育て方も簡単ですが、それでもふつうの植物に比べると何かと手がかかる植物です。それでも、多くの人から愛されているのは、その高貴な姿に魅力を感じる人が多いためです。キクは皇室の象徴でもあり、上品で凛としたたたずまいが魅力の花です。手がかかる植物ですが、手がかかるということは、愛情をかけた分だけ応えてくれるということであり、愛着かわくということでもあります。そのため、玄人に特に人気の花であり、栽培すればするほど魅力を感じる花ともいわれています。多年草で、比較的長く花を楽しめるためインテリアとしても楽しめます。