いつまでも綺麗な庭にしたいなら庭の手入れは大事

女性

常緑樹がおすすめです

庭に植える植木は、目隠し効果や手入れの手間を考えると、落葉樹よりも常緑樹がおすすめです。また、常緑樹の中でもレモンやビワ、オリーブなどの実をつける植木を植えることによって、毎日の生活に潤いを与えることができます。

キク

日本を代表する花

キクをきちんと育てるにはいくつかコツがあります。きちんと手をかけてやるとそれだけきれいに咲いてくれるため、肥料や水やりなどはきちんと調べてから適切に手をかけてやるとよいでしょう。高貴な姿を楽しめること、手がかかる分だけ愛着を感じることなどが人気の理由です。

ガーデン

庭もリフォームを

仙台には雪害対策や駐車場への転換、庭の再構築などを得意とする造園業者が多数います。ご予算や庭の好みなどをはっきりとさせ、複数業者にまずは見積りを依頼するようにしましょう。見積もりを通して相場を理解し、優良業者を見つけましょう。

きれいな庭を維持するには

庭

雑草対策や剪定も必要

身近な環境の中に木や草花があると生活に潤いが生まれ、仕事や家事・人間関係などのストレスも和らげてくれるものです。マンションのベランダにも植木鉢などを置いて植物を栽培することはできますが、庭付きの一戸建て住宅に住んでいる人は本格的なガーデニングも可能な恵まれた環境にあると言えます。ホームセンター等ではいろいろな種類の植木や花・観葉植物などが売られており、通販でも珍しい種類の植物を購入できるのです。このようなガーデニングを楽しむためには、ただ植物を育てるだけでなくこまめな雑草対策や剪定作業も必要になってきます。太陽エネルギーが最も強くなる夏場は雑草の繁殖も盛んになるため、庭の手入れを怠っているとせっかく植えた木や草花が雑草に埋没してしまうのです。伸び過ぎて困るのは植木なども同様で、余分な枝や葉を秋から冬にかけてのシーズンに剪定することにより美しい外観が維持されます。落葉する植物は秋の終わりに大量の落ち葉も発生するため、庭掃除に大変な労力を要するものです。夏場の雑草・害虫対策から秋の落ち葉掃除、冬を中心とした剪定作業に至るまで庭の手入れが続き、庭を持つというのもなかなか大変なのです。

面倒な手入れはプロに一任

仕事や家事が忙しくて庭の手入れにまで手が回らないと、植木の枝・葉や雑草が伸び放題となって庭の美観が損なわれかねません。特に女性の場合は庭仕事で肌荒れや日焼けが生じてしまうため、美容にとっても好ましくない影響を受けてしまいます。そのような人たちの多くは自分で重労働の庭仕事をせず、造園業者や植木屋といったプロに庭の手入れを一任しているものです。プロの業者はさまざまな植木や園芸植物について豊富な知識を持っており、草刈りや剪定・庭掃除にも業務用の本格的な機械や道具を使っています。造園業者や植木屋に草刈りをしてもらった庭は雑草が一掃され、新たな雑草が繁殖しにくいように防草シートや砂利・タイルなどで対策が施されているのです。特に木が植えられている庭の場合は樹木の種類に応じた最適な剪定が行われることにより、木々の健康にとってもプラスに作用します。余分な葉を適切な時期に除去することで木全体の栄養バランスが改善され、以後につけられる葉や花もそれだけ美しくなります。一般の人が植木や園芸植物に関する十分な知識に基いて庭を美しく維持するのは大変ですが、造園業者や植木屋は高い水準でそれを代行してくれるのです。